Home > Kobe

Kobe Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

done!

  • 2011-02-16 (Wed)
  • Kobe
kobe

論文提出しました!
『OMAのシアトル•パブリック•ライブラリーにおける設計プロセスとその建築思想に関する研究』

シアトル市民だった約1年間、「市の公立図書館」のような位置づけで、このシアトル•セントラル•ライブラリーを日常の中で利用していました。すごく素敵な図書館です。
OMAの建築として、デザインとして優れている、というだけではなく、愛され使いこなされている!のです。
論文のでっかいテーマとしては、「この建築に対する愛着ってなんだろう!?」
この愛着っていうのは、やっかいで、数値ではかることのできるものでもなければ、
また、アンケートをとったからといって、厳密には、知りたいことは知り得ない…

そこで、シアトル•セントラル•ライブラリーについて、建築家は、どうやって他の人たちを排除して突っ走ってデザインするのではなく、巻き込んでいくプロセスをつくったのかを検証しました。

仮説は、その理由はプロジェクト開始から、使用されている現在に至るまで、建築に関わるひとみんながそれぞれの形で建築のコンセプトにコミットしていることなんじゃなかろうか、と。

OMAのシアトルの図書館以前の図書館作品3作品を対象にして建築家の言説(建築家自身の作品解説で、建築についてのコンセプトについて述べている)を分析。3作品中唯一の実作、シアトルの図書館の特徴を明らかにして、その特徴についてさらに言説中心に突き詰めて分析していきました。

結果、OMAは「OMAにしかできない独自のデザインのコンセプトを提案をしつつも、パブリック(シアトル市民や、図書館に関わる人々すべて)が建築のコンセプトに入り込む余地を内包していた」ことがわかって。(実際、OMA自身も意識的にその語の意味を変化させながら「パブリック」という語を使っています。)

コンセプトに何を掲げるかは建築家次第…で、パブリックの参加の余地なんて、わざわざ言わなくても当たり前にすることやん!て言われるかもしれません。公共建築ですし。でも、そこをあえて、言葉にしてコンセプトとして示した、ってとこが、OMAのすごいとこであったりする気がします…

具体的に、どうやってパブリックが関わったのか?を年表なようなものをつくって検証したり、そこで得られたインプットがデザインにどのように反映されているか?を図面上で確認し、この「パブリック」が内包されることによって、懐古的なものが、そのものの特性を引き継ぎながらもOMAによって新しい解釈を加えられて生きたものとしてSCLでは使用されていることを見つけました。

この「そのものの特性を引き継ぎながらもOMAによって新しい解釈を加えられ…」という再定義、と呼べるこの手法は、OMAの図書館建築を通してOMAの設計手法そのものにもみられるものでもありました。

思考が決してひとところにとどまることがなく、言説は平易な言葉で多様な解釈を許容し難解で、ひとつの解を与える論文を拒む建築家に関する研究で、「答え」ではない結論をどのように導くことができるか…についてずっと悩みました。
そして、自分のやっていることが、いかに趣味の領域を越えられるかについての苦しみ。歴史を対象とする論文でもなく、現代に即生きるたぐいの論文でもなく、自分の論文がどこに位置づけられるのかがとっても謎でした。建築家が、いかに社会と交わり、生身の人間と共生する建築つくるか?みたいなところを論文のテーマを掲げているのに対し、自分の論文が社会のためにならず、というか一握りの誰かのためにさえならず、ただただ内向きに進んでいるのではないか…という思いが常に苦しかったです。

悔しいきもち…。どうしてもできなかったことに目がいきます。。。

でもひとつだけできたことをあげるとすると、
それは少なくとも自分の中では、論文を通して大発見できたこと。
直感で感じたことが、研究とおしてOMAの中に見いだせたこと。

そして、もうひとつ。友人が、
うめきた(北ヤードの呼称。結構いい名前に決まったと私は思います!北ヤードのままでよかったやん、という意見も然りですが笑)とかも、もっと国際コンペとかやったらいいと思う…そんな視点から、私の論文に興味があると言ってくれて、誰かとこうしてやっていけば、ちょっと外の世界、社会とつながっていけるかもしれないんだ!
と思って嬉しかったです。

終わってみて…まずは感謝です。
それは本当に、先生、2代にわたる同級生や、友人や、家族や、大切な人たちに支えてもらって影響を与えてもらって自由にやらせてもらえる環境をつくってもらったおかげです。
一人一人、顔を浮かべながらちょっとずつ恩返ししていかなくちゃ。と思います。

そしてOMAはすごいと再認識。
学んだことを消化し、将来自分の仕事に反映させていきたいなと思いました。

最後に、前にも載せた講演を…TEDより



...it's time for architecture to do things again, not just represent things.

...We need to authoring process again, instead of authoring objects.

大掃除

  • 2010-03-31 (Wed)
  • Kobe
kobe

明日から新しい年度が始まります…
同期だったみんなは新社会人に!

研究室は大掃除。今年から、人数は多いままに、4部屋中の一部屋明け渡すことになり、研究室総出で4日がかりで模様替え。
研究室のみんなと先生もそろってみんなでそうじし、ご飯食べ、おやつも食べ笑、共同作業は楽しいものです。
今ある家具を使って、1部屋明け渡した後の新しい家具のレイアウトの案を考える役を買って出た私…その場で若干の修正が加わったものの、自分でイメージしたスケール感が実現して、思ってた通り、あるいはまったく予想もしなかったふうに人がその中で行動しだすとにんまりしてしまいました。
これで去年の渡り鳥生活もおしまい、晴れて自分の座席も確保です!笑
そして同時に私の掃除下手の原因も発覚…家具のレイアウト変更が完了した時点で満足してしまう私笑
掃除すんだー!と思うタイミングが人より早すぎるらしいです。細かい整理整頓はついつい省略してしまう…

就職活動で出会った2つの出来事、学ぶことになるとは予想もしなかった社会の清くない部分に関しても笑、けりがつきました。
信じきって自分で考えなくなることの怖さ、自分と違う生き方考え方を否定しないこと、を学びました。
…これだけ書くとなんのこっちゃ??ですが笑

今年度は修論仕上げてデンマークに少しの間滞在したいと思っています。
ワーキングホリデーで3カ月ほど…
理由は、デンマーク人の友達に出会ってきて、単純に住んでみたいと思ったから!
建築もなかなか熱そうです。
そのためにバイトも開始。修論も気にかかるので週2限定で…
ホテルの宴会や結婚式の配膳のバイトです。
ウェイトレス的というよりは、舞台の黒子のような仕事だと感じます。
大きな一つの空間を必要に応じて仕切ったり、開放したりして、
椅子・テーブルから皿まで全部を配置して、時間を管理してコースを出して…
また次の結婚式や宴会のためのセッティングをするのが、1セットのおしごと。
俳優役のお客様たちは、
『ディアドクター』の鶴瓶さんみたいに、あくまで素でいて、名優となります
(このたとえ、わかってもらえるかな…笑)
子供からお年寄りまでのお客様の自然な動きをひたすら観察します…めちゃ楽しいです。

バイト先でも結婚披露宴を見、とうとう最近は仲のよかった友達の「結婚します」「結婚しました!」もちらほら聞くようになりました。
花嫁さんて、幸せいっぱいで、本当に綺麗です。
みんな幸せになってほしいものです。

私も自分のペースで自分も周りも幸せになれるような一年を送りたいと思っていますー。
…あ、今年花嫁を目指すという意味ではないので、くれぐれもご注意を!笑

明日は学校での作業本格始動です。そう、まずは宣言から…

決意

  • 2010-03-16 (Tue)
  • Kobe
kobe

就職活動終えました。無事、来年の4月から組織設計の会社に勤めることに決まりました!

http://www.nikken.co.jp/ja/

刺激的な同期や社員さんやつくっているものに惹かれています。
憧れと、楽しみと、ほどよい緊張を感じた会社です。
わりと順調に進んだ就職活動でしたが、最後の約1週間ですごくすごく苦しみました…
いろんな素敵な人と出会って、話して、別れて、自分自身と向き合って…幸せなことに、選ばせてもらった会社です。

建築やっている人だけでなくて、誰もの日常を豊かにするような建築。
設計者の自分と、施主の方と、そして自分も含めた街の人が最終的に幸せになれるような建築。

ブログの目標と似ています、がんばろー!

beauty つづき…

  • 2010-03-01 (Mon)
  • Kobe
kobe

就職活動の話。
志望度の高いある会社の、3時間の即日設計を今日受けてきました。
去年のお題は「海辺の、自分の卒業設計を展示するための場所」、
それより前は「10年後の自分の家」とか、「その会社のリノベーション案」とか、そんなのが出ていた様子。
そして今年の課題は、簡単に説明すると「自分の愛する著名人の家」。
時間設定は自由。死んでる人でも好きならオーケー。ただし、建築家はだめ。
なので私はばっちり、浅田真央ちゃんと家族とコーチのためのバンクーバー五輪のためだけの家を設計してきました!!笑
カナダのバンクーバーの針葉樹林の中に水滴のようにたたずむ、
家のほとんどがスケートリンクの家です。
これなら早く現地入りしても大丈夫! 大自然の中で、自分のためにスケートを楽しめるはず。

きれいな景色と真央ちゃんの楽しそうに美しく滑るイメージは確かにあるんだけど、建築的には新しい!ってものでもないし、そして3時間で紙に落とすのが難しかった…結果やいかに。
少なくとも、誰にも引けはとらない愛情もって設計してきました!笑

beauty

  • 2010-02-25 (Thu)
  • Kobe
kobe

今日、帰りの電車。隣に座った会社帰りのおじさんが、ワンセグ携帯を食い入るように見ていました。
自分の携帯もそういえば一応ワンセグだったはず…と思うと、何をそんなに真剣に見ているのか気になって、ちょっとのぞいてみました。
携帯の中では浅田真央ちゃんが舞っていました。

その後、就活対策の花粉症の薬をもらいに内科へ。(この時期毎年ある時急に許容値に達して涙ぼろぼろくしゃみしっぱなしになるのです)
その代わり、私もわりと大きな病院のテレビで、集中して真央ちゃんやキムヨナさんの演技のハイライトを見ることができました。
息をのんで、緊張して、見入りました。
おじいちゃん、おばあちゃんで込み合っていて、待ち時間の間に存分に見ることができました。家にテレビがないので、まさか見られるとも思っていなかったのでほくほく気分で帰宅。

寝る前のネットサーフィン…興奮が冷めやらず、動画を求めているうちにたどり着いたのが、これ。



繰り返し、繰り返し見てしまいました…
はっ!としたりはー…となったり。

シルク・ド・ソレイユももちろんすごい!と思う。
でも、こうやってからだひとつで発せられるパワーもまた、すごい。本当にすごい。

浅田真央ちゃんの演技、表情を見ながら、そこから醸し出される美について想いを馳せました。
何か、ぎりぎりのところをめいっぱい楽しんでいる。そんな気がします。
そろそろ寝なければ。

Home > Kobe

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。