Home > Mino

Mino Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

準備

  • 2011-03-23 (Wed)
  • Mino
mino

今私にできることといえば?。
…そもそも自分の面倒さえ見れていない。
まずはそれを自覚する事、毎日ちゃんと生きる事、数少ない、自分にやれることをしっかりやること、大切な人を心から大切にして、幸福には感謝してめいっぱい味わう事。
こういう状況になったとき、「社会人になるってすばらしい」と思うのは、自分で時間をかけて築いてきた役割、最大に自分が役立てる形を通じて、誰かのためにもなれることだと強く思いました。
今の私にとっては、自分自身の準備が必要だと、思っています。
とりあえず、着々と、引っ越しや、4月から働くための環境づくり、投稿論文の作成、人に会う事や、資格の勉強、謝恩会の準備をする日々。

まさに地震のあった日に引っ越し荷物の搬出をし、
週明け、東京は電車が止まったり、計画停電が実施されたり、余震が続き、スーパーの棚が一部からっぽになり、6時にはお店が締まり、ネオンが消灯されて、緊張感のある空気を感じるさなかでしたが、
時間通りすべての荷物が届き、注文していた家具家電も届き、ガスの業者さんがガスを開栓してくれはり、当たり前に東京での生活がスタートしました。
こんな状況で、当たり前に仕事し、生活しようとできる日本人、
日本人は仕事ばっかりでcrazyだ、って言われてた部分にもあたるけれど、
こういう時には本当にすごいなーと誇らしく思えました。
被災しなかった身、いつでも自分を備えることを意識しながらも、
当たり前を地道に大切にしていきたいと思います。

9日目

  • 2011-03-03 (Thu)
  • Mino
mino

ニュージーランドで地震が発生してから9日め、だそうです。
学部生のとき所属していたタッチフットボールチームで、一緒に日本一!目指していた先輩が、
国際看護士の資格取得目指して向かった先で被災、
今もきっと、がれきの下でがんばってはります。
地震が起きるその瞬間まで、
さばさばと話す先輩がその調子でしゃべりながらお昼ご飯を食べていたシーンがありありと浮かべられて初めて、
テレビで何度も報道されるがれきの山がとても暴力的に見えてきました。
ある記事で、これは天災であって、人災でもあると書かれていました。
私もほんとにそうだとおもいます。
用、強、美の中で最もキホンで、当たり前で、だからこそ意識的にもなりにくい強。
法律や、構造計算式や、そういうものに埋もれがちでした。
それを守るという倫理観はもちろん備わってはいますが、その先に何があるか…こんなにひどい痛みがあることにまで、想像を巡らせられることはありませんでした。
自覚もって、意識して、自分の仕事していきたいと思います。

救助活動を見守り、祈るばかりです。

明日

  • 2010-09-28 (Tue)
  • Mino
mino

はいっ!連続更新しましたが、今日の本題は、これ。

明日から1月7日まで約3ヶ月間、携帯つながりません。
お手数おかけしますが、連絡先はPCメールかスカイプまで連絡お願いします


デンマークコペンハーゲンに行ってきます。
北欧。
アルネ•ヤコブセンやアアルトやウッツオンやマリメッコやBIG等の現代建築や風車やかわいい雑貨や自転車や幸せそうな人や寒さや自然がある場所です。
ほかになにがあるかなー?

住んでみることが第一の目的。
ついでに働いてみます。無給ですが。
3ヶ月という短い期間にも関わらず、ADEPT Architectsという超若い建築家の事務所がインターンとして受け入れてくれました。
藤本壮介さんといくつかプロジェクトして、でっかいコンペに勝ったりしています。

ADEPT Architects

大学3回生の時に勢いで伊東さんのとこにお世話になったときと同様、
エネルギッシュさに惹かれて突撃メール。
CV(履歴書のようなもの。フォーマットなし)を送信したら、
数時間後にトップから直々の返信。
期間だけもうちょっと長くならんかー?と聞かれましたが、無理な旨伝えたら2つ返事で決まり。
書類等一切なし。笑

いろいろ不安要素もありますが(住む場所探し中、ビザが期間過ぎても帰ってこない)
デンマークに私と同時期に留学していたパワフルで温かい友達や、
デンマークにいる陽気な友達や、
私と同じようにたまたまUWからデンマークに来ている大好きだった友達たちや、が助けてくれて、
楽しみの方がどんどん膨らんで、
ま、なんとかするでしょ!と思えています。

勝手を許して送り出してくださる大学の先生方や、
いっぱい支えてくれる、研究室に今ただ一人の同級生、
同級生のように接してくれる、刺激的な後輩たち、
ちょくちょく気にかけいろいろ誘ってくれる友達、
離れていてもきらきらしているんだろうなー!と思える友達、
わがままを受け入れ帰る場所をいつも温めておいてくれる家族と、準家族、
ほんまにありがとうございます。
そんなに長い期間でもないのでちょっといってきますー

ちゃんと住む場所くらいは決まって落ち着いたら、
またレポートしますー




NEVER ENDING STORY

  • 2010-08-31 (Tue)
  • Mino
mino

お盆の引きこもり生活を経て、ようやく明日は書き上げた修士論文ドキドキの本論部分の概要チェックです。
まだ、背景部分はがっつり残っているけれど、ただいま達成感えるために印刷中。
どうあがいても、どうあがいても、
もはやこれ以上深い議論ができず…力のなさをひっしと感じ。
それでもこれから先も考えていきたいと思えるテーマに出会えたことはよかったなーとも思います。

Seattle Central Library by OMA/LMN and City of Seattle
100831living+room.jpg

さ、印刷と背景書きに戻ります。

夏休みの宿題

  • 2010-08-04 (Wed)
  • Mino
mino

私には地元に小中学校同級生のある友人がいます。
正直言うと、その頃仲良くしていた記憶はあまりありません笑
それでも、その行動は他の子とはちょっと違っていて、
だから彼のことは知っていました。
小学校の頃はバイオリンを弾くおぼっちゃま?かと思いきや、
中学卒業後、バイトを始め、自分でお金をためて世界一周旅行へ。
成人式で出会ったときは化粧品の会社に在籍していたような?
その後箕面でカフェをはじめ、
現在は桜井でENJYAというバーを開き、
伊勢で修行し、
今では、3人の姫(+奥様の計4名ですね)の父親でもあります。

その過程のいつから仲良くなったのか…たぶんカフェを開いた頃からだったような気がします。

皆が箕面に帰ってきたときに活躍する拠点になるような場所をつくりたい
と、彼はとっても静かに野望を語ります。
それにとってもひかれます。そして彼は言ったことはやり遂げる人だという気がします。
行くと、なにかほっとし、とっても和み、刺激を受けます。
生き方は私とはまったく違います、でもだからこそ感じる何かがあります。

そして彼は野望実現の一環として、ある宿題を与えてくれました。
初めての依頼。
国道に面した、2mx4mくらいはある、ENJYAの看板デザインの依頼です。
お店の看板は、箕面の看板である必要もあります。

fukuda kenjiさんという、プロのデザイナーさんが、すでにお店のロゴとフライヤーのデザインをしていらっしゃいます。
ENJYA フライヤー fukuda kenjiさんのブログより
このロゴがすごく素敵です。

20100802ENJYA+logo_convert.jpg

fukudaさんの文章。ブログより。
「さて、今年最初のロゴデザインのご紹介。大阪の箕面にてオープンするダイニングバーですね。古い工場を改装した店内は、箕面の滝や自然を連想させる落ち着いた空間。オーナーが生まれ育ったこの土地で多くの縁を紡ぎしあわせの輪・つながりを創っていくことで「ENJYA(エンジャ)」と名付けられました。あっ、そうそう箕面名物の猿も追加で入れてねって。
なので、大きくアイコンとして植物の葉をモチーフにして…。ここからスゴいですよ。申(さる)が円となって囲っています。まさに宴です。シャープで上品なタイポグラフィーを作って無事に納品。続いてDMですね。」

プロの仕事だ…かっこええ…

7月末にようやく2つの案を提出。
このロゴを私なりに映像に変換してみました。

案一。

20100802enjya_ver2_in+the+city.jpg

案二。

20100802enjya_1_in+the+city.jpg

普段は三次元ですが、二次元で勝負しなきゃならない今回。奥行きのある絵を意識!

これからどんな人たちを巻き込んで、どう進んでいくか。
楽しみです。

お店情報!勝手に宣伝。
Minoh Factory bar ENJYA
072-725-3422
〒562-0043 大阪府箕面市桜井2-10-23
阪急箕面線桜井駅 徒歩5分

「アーティストが手掛けるダイニングバー。
箕面の地ビールや特産品を作用した創作料理が食べれるお店です。
緑豊かな箕面の特産品を中心に、地ビールやオリジナルカクテルは大人気。
料理もヘルシーかつ、こだわりの創作料理となっています。
店内はデザイナーが手掛け自然をイメージした落ち着いた空間となっていますので
心も体もいやされること間違いありません。
スタッフ一同、心よりお待ちしております!!」

帰るときには目がきらきらになることまちがいなしです。
元気付け、癒し、夢を後押ししてくれる、だいちゃんとスタッフさんたちのいるお店です。

Home > Mino

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。