Home > 2009年11月26日

2009年11月26日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

就職活動

  • 2009-11-26 (Thu)
  • Kobe
Kobe

就職活動をぼちぼち始めました。
私流にやっていても大丈夫な今は、新しい世界を知れる活動自体は楽しいです。
その一方で最近苦しくて仕方なくもあります…


読書。
世間を知ってみようと読み出した、P.F.ドラッカーという人の本。
マネージメントの父と呼ばれる人で経済学者なんだと思ってよみだしたら、じつは社会生態学者という肩書の人で、企業をはじめ、組織とは?ということを書いてはる人でした。
すごいなと思ったのは、
大きな世界の流れや未来を最終的に言い当てているように見えて、
でもそれはすべて組織を構成する人間の観察から自然に導かれたものであることです。
特に成長の時代が明らかに済んだ建築業界で、
そして組織の中では人間ひとりひとりへの価値の置き方が少ないように思えてしまう建築業界で、(どうして建築業界の会社で働く人に、忙しいのはさておきとにかく楽しそうだ!!!という人を見かけないのか?)
情熱だけで突っ走らずに冷静になってみようと思わせられる一冊でした。


マイケル・ジャクソン。
昔からケーブルでやってると思わず見入っていました。
中学の時にはスリラーを踊った記憶も…。
今上映中の映画を見て、泣きそうになるくらいの興奮を覚えました。
自分のやること、自分の周りの人、すべてに対する愛情にあふれていました。
なにがすごいって、本当にそこなんだと思いました。
マイケル・ジャクソンとその他の舞台のために集まった人たちの好きで好きで仕方ない気持ちが、
痛いほど伝わってくるリハーサル映像でした。


クライン・ダイサムのペチャクチャナイト@大阪市役所に行ってきました。
20秒x20スライド。そういえばJenDeeの授業のファイナルプレゼンテーションはこれにならってこの形式でした。私にとっては、無謀としか言いようのないプレゼンテーションでしたが。
水都イベントをはじめ、
大阪府下を拠点に活動している人たちのプレゼンテーション。
おもしろかったのは、プラント・ハンターという仕事の人のプレゼンテーション。

花宇 interview by graf

今もともとのお客さんに加え、ファッション界やアート界にも業界を拡大して卸していらっしゃるそう。
おじいさんの代から始めた仕事だそうで、おじいさんは初めて桜を指定日にさかせることに成功し、花さかじいさんと呼ばれていたとか笑
伝統をまもりつつ、情熱をもって今を楽しみながら自分の仕事をやる人は、輝いて見えました。


さて。
先々週末、インフルエンザ疑惑で病院に行きました。
いくつかの科があり、作業療法用のスペースがあったり、エックス線撮影もできたり、個人病院としてはわりと大きな病院です。
…設備は間違いなくよさそうなのですが、器の建築がまるでよくない。
待合室は広いけれど、天井は低く、暗く、
挙句に救急車で運ばれてきた急患が待合で待ってる人のすぐ脇を通っていく。
ただでさえしんどいのに、気分はどんどん滅入ってきます。
建築に何ができるんだ?建築家はエゴイスト?
という話もよく聞くし、実際そうかもとも思ったけれど、
だけど、この日、ぼーっとする頭でやっぱり私は建築を設計したいんやわ…と思いました。
人を幸せにしたいとか、カッコイイものを作りたいとか、そういうのは思ってなくて、
さりげなく生活に溶け込めるようなものを作れるようになりたいと思います。
言葉にすると勢いに欠けて笑、自分でもなかなかうまく言えなかった感じでしたがそういうことです。
なんだかこれひとつだけ取り出すと大学受験の動機みたいですが笑、
こんな思いがほかにもいくつか積み重なって今に至ります。


そのうえでどこで働くかなんですが…
そのさらに先は思い浮かぶも、すぐ手前でどこに就職するのか(できるのか)がわからない!
よく考えたら(考えなくても?)じつは自分の中に浮かんだ夢を形にする方法を実はほとんどなにひとつ学んでいない現実…笑
そりゃ、学んだことはあります、もちろん。でもそれだけでは建たないのです。
もっともわかりやすい形である資格でさえもこれからで…。
建築でいくんだと悟った以上、このなにもない状態から頑張っていくしかないとういう覚悟だけは決めました…。


Home > 2009年11月26日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。