Home > 2010年06月21日

2010年06月21日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Happy!!!!

  • 2010-06-21 (Mon)
  • Mino
mino

学校はみんないい&おもしろい後輩たちばかりで本当に居心地いいけれど、
さすがに集中期に入り、ラッシュの電車と18人部屋を抜け出し、今日は家で引きこもり。
昨日学会発表と、学会発表で再会した友人2人との話に刺激を受けて、(癒しも受けて、)
モチベーションはあがるも依然亀の歩み…どうして自分のことはこんなにわからなくなるもんなんでしょうね??笑

Grace Kelly by MIKA

Happy Ending by MIKA

Lollipop by MIKA

今月はじめに印象派展を母と見に行ったときのことを思い出します。
全く別の種類ではあるものの(曲の方はHappy!!!!に近くて、印象派は幸せ。に近い感情)、直感に触れます。
印象派だって、論理でいけばそれでいいのか?な部分たくさんあるし、
曲にについても、歌詞をわかったところで、感動が増す訳でもなく。

…それでも心地いいならそれはそれでいいじゃないか!!ね。

理論に合わないから切ってしまうのは惜しすぎる。


ちょっとだけ研究内容の話に踏み込みますが、
超ざっくり言うと、パブリック•スペースに興味があって、研究しています。
後輩の修士論文のレジュメにこんな一文。

複雑化する現代社会において、公共建築に求められる役割は、「どのように共同幻想に答えていくのか?」というものから「どのように人々に多様性を許容していくか?」ということに比重が変化している。

多様性、個人の感性も許容してしまうなにか、形におき直そうと思うと共同幻想よりもある意味難しいかもですね。
後輩も誰かの言葉を引用したそうなんですが、考える余地がいっぱい。


昨日、吉岡徳人さんの情熱大陸を見ました。
じつは前にも特集を見たことがあって、今回二度目。
新たな情報というよりは再確認、と言った感じだったんですが、
見るとき違えば感じることも違うものですね。
吉岡徳人さんの作品はすごくストイックな印象も持ちながら、優しくもある。
吉岡さん曰く、自然から学んで、手作業でつくる、これがポイントらしいです。
設計図ではなく、偶然の産物なんだと。
その偶然というのは、でも、明らかに吉岡さんであったり、事務所の所員さんであったり、一緒につくる人の意図、なんです。
それでいいんですね、きっと。
そして吉岡さんの作品は朽ちる余地がある。そこもいいと思いました。
物理的な条件だけではなく、それもその吉岡さんのいう偶然性の余地に関わっていると思うのです。
人間が介入することで生まれる完璧じゃない、隙があるからだと思っています。


分裂症かと思うくらい4つの全然違うの話題、、、笑
ほんの覚え書き。





Home > 2010年06月21日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。