Home > スポンサー広告 > 修士論文2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ssk URL 2010-09-29 (水) 07:13

「文化活動にお金をかける。」
この言葉は、日本と欧米でちょっとニュアンスが違うよね。日本だと慈善活動(ボランティア)をするに近いニュアンスだけど、欧米だと間接的に金儲けにもつながる。。。。イメージw

そこらへんもっと勉強せなね。CSRマーケみたいなのがあるのかな。もっと勉強します。

なんにせよ、修論おつかれ!
読ませて!面白そう!

tomi URL 2010-09-30 (木) 06:23

sskくん→よく読んでくれました!!!!それだけでもう、すごくうれしい笑 CSRマーケってなんだ???もっと勉強します!!そうなんよね、慈善、じゃなくて、でも経済に直結でもなく、それが間接的に影響することが大事な気がする…論文としては、なってなくて、黒田先生の目に入らないように策を練らないかんけどね笑

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mmm31mmm31mmm.blog36.fc2.com/tb.php/109-6fab809c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from wonderful life

Home > スポンサー広告 > 修士論文2

Home > Seattle > 修士論文2

修士論文2

seattle

マリナーズでイチローが活躍する街、シアトル。
このシアトルの歴史を書くのが、面白かった!
なんか本当に価値観が違う…と感じます。
めちゃくちゃざっくり紹介ー。


シアトルのダウンタウンは海面と同じレベルの土地に開発され始めました。
そのため、大雨が降ると下水が逆流し、大変な事態になっていたそうです。
あるとき、製材所で働いていた男の人が過って火を出し、
当時のほとんどが木造だったシアトルのダウンタウンの30ブロックが焼け落ちました。
これを期に、市は土地改造と下水の整備を決意。
北の丘を削り、海岸近くを埋め立てようとします。

dennymounds.jpg

家がおもちゃの家のように…見えますかー?信じられない光景…。
この写真がOMAのコンセプト•ブックにも使われていたりします。
しかしシアトルは好況期にあったため、今度は燃えない素材での建て直しが先に次々に始まってしまいます。
建物が建ってから2階レベルの高さに及ぶ道路のかさ上げが始まります。
結果、歩道はもとの高さのままで、はしごを使って道路から2階の窓にアクセスするようになります。
酔って落ちて死ぬ人も現れ、次第に歩道にもふたがされるようになりました。
そして今でもその当時の1階部分が、ダウンタウンで利用されていたりします。


巨額の税金をかける大きなプロジェクトを企てるとき、必ず投票が行われます。
関心はいつも高く、反対ばかりでなくかなり積極的な結果を得ることもあることが驚きです。
最近では、海岸沿いを走る高速アラスカンウェイ•ヴァイアダクト(神戸も同じ!)の地中化についての投票が行われ、関心が寄せられていました。
シアトル•パブリック•ライブラリーもその一例で、準備を整えた二度目の投票で立て替えが決まりました。
決まった公共のプロジェクトのデザインプロセスは、専門性を持つ市民によるシアトル•デザイン•コミッションで審議されます。
また地元企業、マイクロソフトやボーイング、スターバックスが、
雇用の提供や公共事業に対する莫大な額の寄付を通して、文化の形成に貢献しています。
このようなことを通じて示される、失敗を恐れない…多少のリスクにはかけてみる専門家らの態度が、シアトルのプロジェクトの質の高さを決めている要素なのかもしれません。


シアトルは初めてのストライキが行われた都市でもあり、
第三回WTO世界貿易会議では後に映画化されるほどの大規模デモが行われました。
生活してみても、みんな地元紙を手に取り、話題にし、シアトルの動向に関心をもち、
住民一人一人が、シアトルにプライドを持ち、自分で決める意識の高い都市だなーとつくづく感じます。


建築に関しては、基本的に各時代において最先端を追ってきた印象を受けます。
歴史的保存の体制も整えられる一方で、新しいものも来い!な態度。
グリッドの街。
万博の名残の大学キャンパス。
アメリカ西海岸の近代建築の影響を受けたノースウェストのスタイル。
ダウンタウンの様式建築。高層ビル。
フローティング•ブリッジ等のインフラ。
別の万博のシアトルのモダニティの象徴、スペース•ニードルやゲーリー。
ガスワークス•パークスをはじめとするランドスケープ•デザイン。
シアトル出身で独自の世界観をもつスティーブン•ホール等々。
コーヒー片手に、ゆったりとこれらの場所巡りすると、とっても贅沢な時間に感じられます。


よくも悪くも「住み良い」街だと感じます。
都市として「安定」してきて、大胆さが薄れてきている部分はあるのだと思います。
OMAはシアトルを「変化に直面する都市」と呼び、発破をかけていました。


安定と勢いが共存する、大好きな街です。


スポンサーサイト

Comments:2

ssk URL 2010-09-29 (水) 07:13

「文化活動にお金をかける。」
この言葉は、日本と欧米でちょっとニュアンスが違うよね。日本だと慈善活動(ボランティア)をするに近いニュアンスだけど、欧米だと間接的に金儲けにもつながる。。。。イメージw

そこらへんもっと勉強せなね。CSRマーケみたいなのがあるのかな。もっと勉強します。

なんにせよ、修論おつかれ!
読ませて!面白そう!

tomi URL 2010-09-30 (木) 06:23

sskくん→よく読んでくれました!!!!それだけでもう、すごくうれしい笑 CSRマーケってなんだ???もっと勉強します!!そうなんよね、慈善、じゃなくて、でも経済に直結でもなく、それが間接的に影響することが大事な気がする…論文としては、なってなくて、黒田先生の目に入らないように策を練らないかんけどね笑

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mmm31mmm31mmm.blog36.fc2.com/tb.php/109-6fab809c
Listed below are links to weblogs that reference
修士論文2 from wonderful life

Home > Seattle > 修士論文2

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。