Home > スポンサー広告 > 建築三昧とマイケルと車と 1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mmm31mmm31mmm.blog36.fc2.com/tb.php/71-02b12857
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from wonderful life

Home > スポンサー広告 > 建築三昧とマイケルと車と 1

Home > Phoenix / Los Angeles > 建築三昧とマイケルと車と 1

建築三昧とマイケルと車と 1

Phoenix / Los Angeles

次の都市はフェニックスです。
ここでの目的はWill Bruderという人が設計した図書館。
入ったら、宇宙船のよう笑
隣の公園とは完全にアクセスが切れていたり、
絶対動きそうなフィンが固定されていたりと、
事前に見る感じでは??な感じの図書館でしたが、
行ってみると、市民に愛される居心地のよい図書館でした。
天井は高く、いろんな空間が用意されていて、
シアトルの図書館とは形もコンセプトも違うけれど、でも同じようにいろんな層の市民の公園のように使われていました。
(さらに外はこの暑さ…図書館(=屋内の公園)は重要な場所。)
自由で、静かにもなれるし、交流の場でもある場所です。そして、誰にも開かれてる場所。

この後、旅でもっとも過酷な暑さを体験し…
5時間のドライブを経て…

Los Angelesへ。
マイケルジャクソンが亡くなったその日、ラジオでそのニュースを聞きながら、
自分たちも日本のGW並みの交通量と、なのに時速100kmを緩めない車の群れに命の危機を感じながら、ナビの嘘に惑わされながらの(どういうわけか、6車線の高速を端から端まで横断させて、一度高速を降り、もう一度同じ高速に乗せさせたがる)、
Los Angeles入り。

モーテルに帰ってテレビをつけてみれば、マイケル・ジャクソン一色でした。
この状況はこの旅中続きました。テレビが付いていればいつも、オバマさんか、マイケルか。
スターが大好きなアメリカ…。
でも、スターはそのかわり、本物の天才(いろんな意味で)だと思います。ついついひき込まれてしまう。
私も中学生くらいのときスリラーを見て、…いや見入ってしまいました。
追悼番組も、ついていると、そのダンス、歌についつい見入ってしまいます。

LA着の次の日は建築巡りの日。
…の前に駐車には本当に困りました。ちょっと停めるだけで$10-かかる。
そこで、道路のパーキングなら一時間$4ですむ!ということで探しまわるも…いっぱいだったり、遠すぎたり、やっと停めたら一時的に駐車禁止だったり、loading onlyだったり、縦列駐車が下手だったり(…は、私の問題。)…駐車だけに一時間は費やしました。

まずはラファエロ・モネオのカテドラル。
教会建築というのは、どうも自分がよそ者の気がして、その気持ちが邪魔をして本当に落ち着く…ということはあまりないのですが、
この教会は普段にも増して、不安定な気持ちにさえなりました。きれいなんだけれど。
中心がなくて、なのに家具も含めて統一的なデザインで、静寂で、どこまでも上へ上へとでっかい空間が伸びていて…。
外から見た時の建物の塊のでかさには、驚きました。

ハイウェイを挟んで向かいにあるCOOP...のハイスクールfor performing artは、まだ工事用の囲いをつけたまま(HPでは完成してることになっているんだけど…)、よくわからない独特の雰囲気を醸し出していました笑 意外に、LAのダウンタウンの中では、目は引くし、やったなー…とは思うけれど、うん。と納得してしまう感じもあります。(シアトルの図書館もじつはそんな感じがあります。)
…あの蛇の中にはなにがはいっているんだろう…??(ネットの説明を見る限りは、空っぽ…?)

磯崎新の美術館を横目に見ながら次に向かったのがゲーリーのディズニーコンサートホール。
あのスタイルとして、洗練されていました。中は気持ちよかったです。
音声セルフガイドを貸してもらって、それに従って自由に一時間くらいツアーします。
それによると、当初の予定では外壁は全部石になるところだったとか…だいぶんと印象もコンセプトも変わりそうですが笑
目を引いたのは、中の工業用のフェルトを使った壁と、庭。
壁は壁でおもしろかった、てだけなんですが、3階レベルくらいにある、通りから通り抜け可能な庭は、通りとつなぐ…というコンセプトは達成できてはいないような気がしたけれど、秘密の花園的存在として、心地のよいものでした。
地元でもともと育ってる植物を使って、全部背の低いものが使われていて、摩天楼の頭が見えて、街は見下ろそうと思えば見下ろせて、
ディズニーの神秘的な様子と、LAっぽさを併せ持っていました。
ファッションの撮影が行われていました。
銀ぎらの服を着た、ばっちりメイクして威嚇的なポーズをとる長身金髪美人と、それを撮るカメラマン…
建物とこの光景よく似合っていて、説明しているとなかなかの非日常。
だけどこれもまた、うん。とLAのダウンタウンの中では、納得できてしまう笑

もう車を動かすのはあきらめよう…と、歩いて向かったのがBradbury Building。
ちょっときけんな香りのする(昼間は大丈夫)街の、一見どこにでもある石造りの建物。
中は、ずっと上まで吹き抜けていて、木と、鉄の細工の行き届いた空間が広がっています。
通りの続きのような感覚で、でも外とは違って明るくて清潔な感じで、しっかり監視もされていて笑、
そしてなによりうれしかったのが、鉄製のエレベーターに出会ったこと!
今はもう、新規にはつくれないのだと、スタジオで言われました(噴水だけでなく、これも使ってみようとしたのです笑 手は加えて、ね。)

こんな感じで、LA第一弾はこの辺で…。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mmm31mmm31mmm.blog36.fc2.com/tb.php/71-02b12857
Listed below are links to weblogs that reference
建築三昧とマイケルと車と 1 from wonderful life

Home > Phoenix / Los Angeles > 建築三昧とマイケルと車と 1

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。