Home > スポンサー広告 > 建築三昧とマイケルと車と 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mmm31mmm31mmm.blog36.fc2.com/tb.php/72-8b956a09
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from wonderful life

Home > スポンサー広告 > 建築三昧とマイケルと車と 2

Home > Phoenix / Los Angeles > 建築三昧とマイケルと車と 2

建築三昧とマイケルと車と 2

Los Angeles

…いまだに旅の内容ですが、無事旅は終えました。生きて帰ってきました。
今は毎日シアトルパブリックライブラリーに通っています…それなりに楽しいけれど、やっぱりなんにも進んでいない、不安な日々。帰る日は刻々と迫ってきて、苦手な手続きとも格闘中。です。

さて。本文。

…Los Angelesはスペイン語のlos ángeles(=the angeles, 天使たち)に由来するそうです。
なんて名前!
アリゾナを越えてやってきた私たちには、ここには天使が住むのもわかる…気もしなくもありませんでした。心地いい気候。ときにさわやかな風。さんさんとした太陽。

LAは巨大。
シアトルと同じ気分で地図を眺めていると、思ったよりも遠く感じてびっくりします。
そして車の多さにも驚きます。
そしてその相乗効果で、行動範囲も広くならざるを得ない…帰ってきてからNY出身の友達と話をしていると、飲みに行くのひとつとっても、LAとNYでは移動しなければならない距離がちがう、とのこと。
ただ、いいかえれば、その移動距離が、その場所の個性をキープしてもいるらしい。ほんとにいろんな場所がある。

LAといえば、私の所属するすえけんの先生、先輩の研究の地でもあります。
ノイトラやシンドラーや、ケーススタディハウスの建築家たちも、この、日本とは全然違う明るさのある空気のもと、場所に合わせて設計をしていたのでしょうか…。

LAの中央図書館でノイトラのパース展を見る。
ノイトラは、一昨年の先輩の研究していた建築家で、そのドラキュラのような一家の写真とエゴン・シーレに似たタッチの美しいパースに衝撃を受けました。
…ビルのパースのやる気のないこと笑
それにくらべて、たぶんノイトラの理想の生活のある空間を、一体的に、より美しく、詳しく描いている印象を受けました。外観と内観が同時に描かれている種のパースが、ほんとうに美しく、生き生きして見えました。

カラフルな色遣いで描かれるランドスケープは、この気候とイメージががっちりと合います。
色と質感と空間の構成と。
…この時代の作品はそれらをばらばらにデザインしていたかもしれません。
未完のパースを見ていると、そんな気がしたりもします。
でも、これらが一体でデザインされたら…人と建築とが、あるいは環境と建築とがコミュニケーションする上で、とっても大事なことなような気がしました。

次に向かったのはシンドラーの家…ハリウッド方面へ。
マイケルのお葬式(たぶん支所?)が行われていました。人。人、人。

入って一番初めに思ったのは、日本っぽい。おばあちゃんちっぽい。
…でもすぐにそれは素材と、植わっている竹の印象だ、という考えに行き着きました。
深い深い茶色の木でできていて、天井も低い。
でも、
おばあちゃんちとちがって笑、
ずっと屋根…ではなく、低い天井の上には明かりとりの窓があって外がそこにあって、
部屋がひとつながり…というよりは壁とドアで細かく区切られていて、
中の床と外の地面は別でなく、つーっと外まで続いていて、
建物の中での心地いい視線の高さももちろん違っていて、(外の木の下のコンクリートの上は、座っていてほんとうに心地いい場所でした。)
不思議でした。

0709シンドラー


外は庭…というよりは敷地内の外、ていう方がしっくりきます。
すごく手入れはされているし、もちろんデザインのされているんだけれど、そこにあって当たり前。という印象で、(これも日本庭園とはちがった印象で、)
外が先にデザインされたに違いない。と思うほどに、
外の居心地がよく笑、また、中も外ありきで心地よい場所でした。

…夕暮れのひととき、心地よく座り込んで時をすごしました。

その後はまたさんざん。笑
フィリップ・ジョンソンのカテドラルは中には入れず…でもあまり後悔はせず…笑。
弟の土産のため、やっとみつけてやっと駐車してやっとたどりついたレイカーズショップは閉店していて。
夕飯にとたちよったおしゃれなカフェは徹底的ベジタリアンのお店で、ラップを頼むも普通ならパン生地であるべき部分まではっぱで。
そんな一日でした。
LAは、次の目的地の都合により、この一日で去ります…




スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mmm31mmm31mmm.blog36.fc2.com/tb.php/72-8b956a09
Listed below are links to weblogs that reference
建築三昧とマイケルと車と 2 from wonderful life

Home > Phoenix / Los Angeles > 建築三昧とマイケルと車と 2

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。