Home > スポンサー広告 > 桂離宮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

maki URL 2008-08-22 (金) 21:14

おぉ桂離宮!
確かに宮内庁の人の雰囲気も独特で素敵だったね~

うちも去年の夏に行ってきたよ。
石の敷き方に夢中になって、撮った写真を見直したら…
石ばっかりだった笑

桂離宮また行きたいな~
今度は季節を変えて秋とかに。。

sanga URL 2008-08-22 (金) 23:23

こんばんは。
日本人はあまりに日本のことを知らなさ過ぎると思う。自分もだけど。日本の良さを知るひとつが桂離宮なのかも。いざ外国の人に日本を伝えるとなると、なんて説明する?なかなか難しい。
mmmもそんなことになるかもしれないよ。Japan is moisture?笑
ぜひオススメの季節を教えて!そんときに行く!

mmm URL 2008-08-23 (土) 03:16

夏の桂離宮は、緑が本当にみずみずしくって素敵でした。秋は紅葉、しかも月との相性も抜群の季節だから、きっといっぱいまた工夫が発見できるんでしょうね…
では…まきに秋レポートしてもらって、さんがさん、夏と秋のレポート吟味していい方に行ってみてください♪笑

maki
ね。宮内庁の人も含めて徹底しているよね笑
石ばっかり、
なんだけど、
それがおもしろい、
のが桂離宮よね~。ほんますごい。
秋レポよろしくっ!!

sangaさん
そうですよね…ほんまに、情けないことに。。
感覚的になんとなく持ってるものが、うまく伝えることが難しいんですよね。
湿気…井上陽水の「少年時代」とか、この時期の夕暮れ時の川とか、おばあちゃんちとか、御影公会堂なんかにも、感じます笑
たとえばCSHは断然乾いた感じがするんです。水盤もあるし、植物も豊富で、みずみずしさはあると思うのですが、湿気ではない感じ。
…でもこんな説明じゃ絶対伝わらないですね笑
こうやってつらつら書いて、意見もらって、少しずつ発見できたらいいなーって思います。

東山魁夷調プレゼ素敵でした!(←くどいけれど、東山魁夷は湿気そのものですね。笑)sangaパースにびっくり。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mmm31mmm31mmm.blog36.fc2.com/tb.php/8-341c85a1
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from wonderful life

Home > スポンサー広告 > 桂離宮

Home > Kobe > 桂離宮

桂離宮

Kobe→Katsura, Kyoto

ぜひ書き残しておきたかったこと第二弾、桂離宮です。
まだ暑くなりはじめの7月11日、1限の授業後に行ってきました。

桂離宮石畳

きっとものを作ることが大好きな日本人が、ひとつひとつ愛情こめてつくっていったんだと思います。

ひとつの石を置いたら、
さあ、そこに立つ人にどんな景色を見せようかな。
その人は立ち止まるかな、それとも考え込むかな。
そこから月は見えるかな。
そしたら石はどんな形がいい?どんな大きさがいい?
その石はどんな経歴がふさわしい?
そして、次はどんな石がいいかな。

そうして、いっこいっこ、よしと満足いくまで、ああでもない、こうでもないと悩んで決めたにちがいないと思います。
ひとつの石から始まった世界が、気がついたらこの規模になったんだと思います。

桂離宮景色

「この規模」ってのはこの範囲にとどまらず…

桂離宮桂川

隣の桂川にまで。
もちろん、敷地内は完全に作られた自然、桂川は本物の自然。
でも作者はきっとそれもわかっていたんだと思います。
慎重に、慎重に、たくさん境界線を引いて、めいっぱい敬意を払っているような印象を受けました。

…とすごく一般的な感想ですが、この作りこまれたを実際体験することは、意外にも心地よかったです。

案内の男性は宮家の空気を醸し出す人でした。(髪型?声のトーン?話し方?なんかもう、全部です。)
全行程約1km。
汗をかきながら、興奮しながら、よく歩きました。

桂離宮植物

ある人が日本人のつくる空間には「湿気がある」という表現をして、すごくしっくりきました。
日本人の愛するどこか共通するところのある湿気。ほっとします。

帰りにバス停前のお茶屋さんでかき氷を食べて帰りました。
頭が痛くならないくらいさらさらのかき氷でした。



スポンサーサイト

Comments:3

maki URL 2008-08-22 (金) 21:14

おぉ桂離宮!
確かに宮内庁の人の雰囲気も独特で素敵だったね~

うちも去年の夏に行ってきたよ。
石の敷き方に夢中になって、撮った写真を見直したら…
石ばっかりだった笑

桂離宮また行きたいな~
今度は季節を変えて秋とかに。。

sanga URL 2008-08-22 (金) 23:23

こんばんは。
日本人はあまりに日本のことを知らなさ過ぎると思う。自分もだけど。日本の良さを知るひとつが桂離宮なのかも。いざ外国の人に日本を伝えるとなると、なんて説明する?なかなか難しい。
mmmもそんなことになるかもしれないよ。Japan is moisture?笑
ぜひオススメの季節を教えて!そんときに行く!

mmm URL 2008-08-23 (土) 03:16

夏の桂離宮は、緑が本当にみずみずしくって素敵でした。秋は紅葉、しかも月との相性も抜群の季節だから、きっといっぱいまた工夫が発見できるんでしょうね…
では…まきに秋レポートしてもらって、さんがさん、夏と秋のレポート吟味していい方に行ってみてください♪笑

maki
ね。宮内庁の人も含めて徹底しているよね笑
石ばっかり、
なんだけど、
それがおもしろい、
のが桂離宮よね~。ほんますごい。
秋レポよろしくっ!!

sangaさん
そうですよね…ほんまに、情けないことに。。
感覚的になんとなく持ってるものが、うまく伝えることが難しいんですよね。
湿気…井上陽水の「少年時代」とか、この時期の夕暮れ時の川とか、おばあちゃんちとか、御影公会堂なんかにも、感じます笑
たとえばCSHは断然乾いた感じがするんです。水盤もあるし、植物も豊富で、みずみずしさはあると思うのですが、湿気ではない感じ。
…でもこんな説明じゃ絶対伝わらないですね笑
こうやってつらつら書いて、意見もらって、少しずつ発見できたらいいなーって思います。

東山魁夷調プレゼ素敵でした!(←くどいけれど、東山魁夷は湿気そのものですね。笑)sangaパースにびっくり。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mmm31mmm31mmm.blog36.fc2.com/tb.php/8-341c85a1
Listed below are links to weblogs that reference
桂離宮 from wonderful life

Home > Kobe > 桂離宮

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。