Home > スポンサー広告 > おひさしぶりです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mmm31mmm31mmm.blog36.fc2.com/tb.php/80-f02f5f79
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from wonderful life

Home > スポンサー広告 > おひさしぶりです

Home > Kobe > おひさしぶりです

おひさしぶりです

Kobe

テキサスに行きっぱなしになっていたブログですが、7月中ごろに無事一応帰国し、日本の生活にすっかり帰ってきました。
帰ってきてからのカルチャーショックは、シアトルに行った時よりも大きくてだいぶ長いことやられていました笑

シアトルに着いたときは、何もかも、出会うことすべてが新鮮だったので、楽しみ・刺激を探す努力なしに、環境に身を置くことにゆだねてただがむしゃらになっていればなんでも楽しかったものが、
こちらに帰ってきてからはこの学校に通うのも5年になり、慣れて、刺激を自分で探さなければならない場、でも一方で、一年の留守で自分の場所というものがかすんでいる場で(アメリカだったらそれは誰とっても当たり前だけれど、日本の場合は自分の居場所が基本となるシステムで世界が回っているなあと実感。)、若干焦りながら、とりあえずなんでもやってみる感じで過ごしてきました。あと、修論。。。

で、今に至ります。とりあえず発信の場をもいっかい持とうと思って、ブログも再開してみます。

とりあえず今日の記事でテキサスから帰ってこようと思います。



いきなりがっつり建築なんですが…
テキサスで立ち寄ったOMA・REXの建物は、修論の研究対象にも入っていて、ちょこっと紹介しておきます。
このコンビは、シアトル図書館でのコンビでもあるんです。(REXのジョシュア・ラムスさんは独立前ですが…)

DEE AND CHARLES WYLY THEATER, USA, DALLAS, TEXAS, 2004

パフォーミング・アートの劇場で、パースにもあるように展示場としても使えて(ゾウも出入りしてる!?)一階をあけ放したらアート・ディストリクトとして指定されている都市とつながって…っていうなかなか面白そうなことをやっている感じの建物。あともう一歩でオープン…というところでした。

行ってみて衝撃的だったのは、その使われ方はなかなかせんやろー!ていう事実…一般市民の立場として考えた時に。
なんと言っても暑すぎる。そして閑散としすぎ。
一刻も早く締め切った屋内に入らなければ、命の危機も感じるくらいの暑さでした。大げさではなく!!

プログラムで建てる手法の、限界。
キホンのキだけど、敷地に足を運ぶって、やっぱり大事です。

■■

写真がありません。
シアトルに帰った後、パパ・ドミトリー所有のヨット(!)に乗りに行った時のこと…
風向きが急に変わって、張った、ぶっといロープがすごい速さで私が手に持っていたカメラだけをヒット!
打たれたカメラはストラップを引きちぎられて、宙を飛んで、なすすべもなく湖の底へ…
私の身を守ってくれた格好の、カメラ。
手にあたっていたら、骨は折れてただろうって。(張った太いロープは、バットみたいなもの。)
信仰心は理解できないけれど、全然論理的でない力も、きっとあるんだろうと信じています笑
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mmm31mmm31mmm.blog36.fc2.com/tb.php/80-f02f5f79
Listed below are links to weblogs that reference
おひさしぶりです from wonderful life

Home > Kobe > おひさしぶりです

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。